ぴろしきの、世の中の小さな楽しみ♪

食、ビジネスや気になったニュースなどを取り上げていきます。

【必見】M1王者、錦鯉!その強烈な生きざまと、支え続けた母の想い。

【おはようございます(^^)/
ぴろしきです!

年末の風物詩ともいえる、【M1グランプリ】が今年も行われましたね。
優勝したのは、結成年目の【錦鯉(にしきごい)】さん!

f:id:pirosiki_yeah:20211221011521p:plain
出典:Yahoo!ニュース

彼らがすごいのは、ダントツの最年長芸人ということ。

そんな超遅咲きから漫才師の頂点を掴んだこのお二人、一体どんな人たちなのか?

■同期は売れっ子ばかり

錦鯉は、ボケの長谷川雅紀さん(50)、ツッコミの渡辺 隆さん(42)のコンビです。

f:id:pirosiki_yeah:20211221011326p:plain

左:長谷川雅樹さん 右:渡辺隆さん

出典:Yahoo!ニュース

 

このお二人、同期がすでに有名人ばかり!
ざっとまとめてみると。

・長谷川雅紀 1995年デビュー

(同期)
次長課長
タカアンドトシ
フットボールアワー
ブラックマヨネーズ
野性爆弾  など

・渡辺 隆  2000年デビュー

(同期)
・オードリー
キングコング
・ダイアン
NON STYLE
・山里良太(南海キャンディーズ) など

そうそうたる顔ぶれですね。
これだけ同期が先に売れて、さぞ悔しい想いをしてこられたのではないでしょうか。

■超貧乏生活!

こんな錦鯉のお二人は、ブレイクするまで大変な貧乏生活を続けて来られました。
特にボケの長谷川さんは、借金や牛丼屋のバイトに追われていたそうです。

そんなお二人、なんと今年の11月に自伝を出版されています!


出典:Amazon.co.jp: くすぶり中年の逆襲 eBook : 錦鯉: 本

ここにお二人の苦労話やエピソードがたくさん綴られています。
売れるまで、出演するライブは月に25~30本!
ほぼ毎日とにかくライブ、その合間にネタをつくっていたそうです。

f:id:pirosiki_yeah:20211221011214p:plain
出典:Yahoo!ニュース

毎月5本、年間60本は新ネタを生み出していたそう。
本当にストイックですね。

かと思えば、ボケの長谷川さんの、お金に困った泣けるエピソードも。。。

「『M−1グランプリ2020』に出るまでお母さんにお金を無心していた」「携帯代が未納だったので、弟のデスクトップパソコンを勝手に質に入れた」「当時の相方と一緒にしていた口座から勝手に40万円を引き出し、スロットで全部スッた」など。

想像するだけで泣けてきます。。。
本当に、売れてくれてよかった(^^)/

■ブレイクのきっかけ、諦めなかった理由は?

そんなお二人ですが、なぜこれまで諦めず芸人を続けて来れたのでしょうか?
こんな生活で、同期はバンバン売れてるとなればイヤになってしまいそうです。

理由は色々ありそうですが、ぴろしきが大きいと思ったのは、お母さんの存在です。

長く売れない息子さんを応援し続けたお母さん。
長谷川さんの地元、北海道TVが優勝の瞬間を取材したVTRは感動です!

youtu.be

youtu.be

これだけ応援してくれる人がいる、というのは大きかったのではないでしょうか。

実はこのお母さん、10年前にもTVに出ています。

長谷川さんが40歳の時、TVの企画で里帰りしています。
30歳で札幌を出て上京、40歳のとき芽が出ず。。。

そこでお母さんが、厳しくも温かく叱咤激励する姿。
そして、この映像からさらに10年踏ん張ってM1優勝!
本当によく頑張った!!!

youtu.be最年長王者、錦鯉の今後の活躍を期待しています(^^)/

錦鯉、おめでとう!!!
それでは、またね~(^^)/